FC2ブログ



シルヴィア・クリステルは椅子の上でブーツとソックス以外はすべて脱ぎ去って、夫に股間の間を広げて誘いウンベルト・オルシーニとのセックスシーンに進行します。このとき、ウンベルト・オルシーニがシルヴィア・クリステルをクンニするので、シルヴィア・クリステルの恥丘のヘアが少しアップで映ります。

Sylvia Kristel シルヴィア・クリステル オランダ国旗 オランダ
   

entry_linec

[続エマニエル夫人]  Emmanuelle, L'anti Vierge (1975) フランス国旗 フランス

前作で調教されて性の自由人となったシルヴィア・クリステルが、夫の新たな赴任地・香港に向かいます。香港やバリ島を舞台にロングヘアのシルヴィア・クリステルの美しい裸体が舞います。

香港に向かう客船の2等船室の中で、ベッドがとなりとなったドイツ人女子学生Caroline Laurence キャロライン・ローレンスと最初のヌードシーンがあります。ここではシルヴィア・クリステルは白いネグリジェを着たままキャロライン・ローレンスを攻めます。キャロライン・ローレンスの左胸の乳首がアップで映し出されたり、シルヴィア・クリステルの指が愛撫するキャロライン・ローレンスの股間が白いスキャンティ越しにアップで映し出され、陰唇の周囲のヘアが映ります。

香港に着いてから夫のウンベルト・オルシーニがまつ邸宅へ脚を運んだシルヴィア・クリステルは、夫の仕事の電話の際に胸をあらわにして電話の邪魔をします。

ミーティングが終わって邸宅へ戻ってきたとき、シルヴィア・クリステルは椅子の上でブーツとソックス以外はすべて脱ぎ去って、夫に股間の間を広げて誘い(このときは横からのアングルです。)ウンベルト・オルシーニとのセックスシーンに進行します。このとき、ウンベルト・オルシーニがシルヴィア・クリステルをクンニするので、シルヴィア・クリステルの恥丘のヘアが少しアップで映ります。

夫の邸宅に居候していたパイロットのフレデリック・ラガーシェと香港の街へ出向き、シルヴィア・クリステルはハリをうちます。ハリは乳房の乳首の上にも刺してもらい、有名なシルヴィア・クリステルのハリが刺さった乳房のシーンとなります。シルヴィア・クリステルは身体が熱くなってきたのか、男性とのセックスを回顧しながら半ば自慰状態となります。

その後、シルヴィア・クリステルは夫の知り合いの有力者の邸宅のパーティに招かれ、そこで有力者の一人娘のCatherine Rivet カトリーヌ・リヴェと知り合います。


蒸し暑い香港の昼下がり、シルヴィア・クリステルたちの自宅に遊びに来たカトリーヌ・リヴェは、ソファーの上でM字開脚していますが、シルヴィア・クリステルもソファーに腰を下ろし、スカートのすそを広げて扇風機の風で涼みます。

物語の後半、夫のウンベルト・オルシーニとカトリーヌ・リヴェとの3人で、シルヴィア・クリステルはマッサージサービスのお店へ行きます。このときのシルヴィア・クリステルのヌードはとてもビューティフルです。

夫のウンベルト・オルシーニとのベッドシーンでは、天井からのアングルで白いシルヴィア・クリステルの美しい肢体を映し出します。

終盤で夫のウンベルト・オルシーニとカトリーヌ・リヴェとの3人での美しいベッドシーンへと進行します。


Sylvia Kristel シルヴィア・クリステル オランダ国旗 オランダ

本作では
Caroline Laurence キャロライン・ローレンス
Catherine Rivet カトリーヌ・リヴェ フランス国旗 フランス もヌードになります。




Filmography [PR] Amazon.co.jp
関連記事
CinemaNudeScene
Posted byCinemaNudeScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply