FC2ブログ


メキシコ人売人のリーダとやると言い出したビジョー・フィリップスはベッドの上でたちあがりパステルバイオレットのタンクトップを脱ぎ捨て、ノーブラの乳房をあらわにします。ベッドに横たわったビジョー・フィリップスはデニムのミニスカートを脱ぎされれ、ティーバックくらい布が少ないスキャンティもずりおろされて、男を向かえいれます。

Bijou Phillips ビジョー・フィリップス アメリカ国旗 アメリカ
   

entry_linec

[アン・ハサウェイ 裸の天使] Havoc(2005) アメリカ国旗 アメリカ

ロサンジェルスの富裕層の家庭の女子高校生がBijou Phillips ビジョー・フィリップスの役どころ。クラスメートにAnne Hathaway アン・ハサウェイ がいます。
退屈しのぎにヒスパニック街に出かけた彼女らはメキシコ人の売人らと知り合い、彼らの話にのってセックスしようとします。アン・ハサウェイは途中で引きますが、ビジョー・フィリップスはやってしまうことから事件が起きていくというお話です。


物語の後半、ビジョー・フィリップスはアン・ハサウェイといっしょに知り合ったメキシコ人売人のいるヒスパニック街にアン・ハサウェイのオープンカーで出かけます。二人とも色違いのデニムのミニスカートですが、ビジョー・フィリップスが助手席から車を降りるとき、ビジョー・フィリップスのデニムのミニスカートの奥の白っぽいパンティが映るのがとてもエロチックです。

その日っぽい夜、事件が起きていきます。ビジョー・フィリップスとアン・ハサウェイはメキシコ人売人たちと飲んでいます。仲間に入りたかったら、サイコロをふって出た数だけの男とセックスすることが条件となります。

ビジョー・フィリップスとアン・ハサウェイは奥のベッドのあるお部屋に入ってさっそくやりだします。

アン・ハサウェイがベッドに横たわるとき、デニムのミニスカートの奥の白いスキャンティがちらっと映るのがエロチックです。

ここでアン・ハサウェイは愛撫されるままベッドの上で身体を左となりのビジョー・フィリップスのベッドの方に向けて、ビジョー・フィリップスの様子を見ます。少しさめた様子でとなりのベッドのビジョー・フィリップスが犯されていく様子を見ていたアン・ハサウェイは急に気分がさめてやっぱりやめると言い出します。

けっこう紳士なメキシコ人売人のリーダはアン・ハサウェイを離してあげます。そそくさと黒いブラをつけなおして黒いデニムの上着を着たアン・ハサウェイはビジョー・フィリップスもやめさせいっしょに帰ろうとしますが、ビジョー・フィリップスがやりたいといって聞き分けません。

しかたなく、アン・ハサウェイは部屋の外で待ちます。ビジョー・フィリップスがヌードになるのはこの後からです。メキシコ人売人のリーダとやると言い出したビジョー・フィリップスはベッドの上でたちあがりパステルバイオレットのタンクトップを脱ぎ捨て、ノーブラの乳房をあらわにします。

ベッドに横たわったビジョー・フィリップスはデニムのミニスカートを脱ぎされれ、ティーバックくらい布が少ないスキャンティもずりおろされて、男を向かえいれます。ビジョー・フィリップスが快感であえいでいる途中、男はドアの内側でアン・ハサウェイが入ってこないよう見晴らせていた手下を招きよせ、3P状態とします。

3人目の男も部屋にはいってリーダーがビジョー・フィリップスの正面から挿入し、手下の男がビジョー・フィリップスの背後からおしりに挿入しはじめるところを眺めるという構図でベッドの上のビジョー・フィリップスのヌードを映し出します。

後ろから入られ痛みを覚えたビジョー・フィリップスはようやく拒絶し始め、叫び声に気づいたアン・ハサウェイが部屋の中へ入って男たちを部屋の外へ出します。(このあたりはほんとうのギャングでない感じで、男たちはことを中断して部屋の外へ出ていきます。)

錯乱して泣き叫ぶビジョー・フィリップスをアン・ハサウェイがなだめますが、このときもビジョー・フィリップスの乳房や乳首が映っています。


事件の後、警察に訴えたビジョー・フィリップスの家庭を訪れたアン・ハサウェイは、ほんとうのことを言おうと訴えますが、ビジョー・フィリップス本人や両親に拒絶されます。

自分の部屋にこもったビジョー・フィリップスは、部屋の奥にある個人用バスルームに入って服を脱いでお風呂に入ります。このときもヌードになったビジョー・フィリップスは、乳房や乳首を映し出します。アン・ハサウェイは部屋の中のドアの外からビジョー・フィリップスに話かけます。


Bijou Phillips ビジョー・フィリップス アメリカ国旗 アメリカ


本作では
Anne Hathaway アン・ハサウェイ アメリカ国旗 アメリカ もヌードで出演します。




Filmography [PR] Amazon.co.jp
関連記事
CinemaNudeScene
Posted byCinemaNudeScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply