FC2ブログ


黒いヘアもあらわになって全裸となったオルガ・キュリレンコはロングの構図で、タイル貼りの広い浴槽の底にしゃがみこんで横たわります。広い浴槽に横たわったオルガ・キュリレンコの茶色の革靴をはいたままの長い脚のつけ根には黒いヘアが映っています。


Olga Kurylenko オルガ・キュリレンコ ウクライナ国旗 ウクライナ
   

entry_linec

[薬指の標本] L' Annulaire (2005) フランス国旗 フランス Recomended!

小川洋子の同名小説をフランスの女性監督ディアーヌ・ベルトランが舞台を日本からフランスの港町に移してほぼ原作に忠実に映像化した作品。

勤務先の工場で薬指の先を切断するという事故を起こしてしまったOlga Kurylenko オルガ・キュリレンコはその仕事は辞めて、誰も知り合いのいないひっそりとした港町へ引っ越し標本技術士マルク・バルベの助手という少しあやしげな仕事を見つけるというお話。

物語の冒頭、事故を起こした直後、工場の医務室で治療をうけたとき、オルガ・キュリレンコは白地に小さな赤い花柄のブラの下着姿で、お水を飲もうとしてコップの中に自分の薬指の先が落ちている錯覚を起こし、ベッドの上に横たわります。

そして、港町に引っ越してきたオルガ・キュリレンコは港の見える窓のお部屋を借ります。そしてボートで移動してうっそうとした森の中にあるマルク・バルベの標本技術士の古い館へとやってきます。

かなりあやしげな雰囲気のマルク・バルベの助手の仕事が決まったオルガ・キュリレンコは、港町に戻り港の見える窓のお部屋のベッドでかなり薄地のパステルバイオレットの長袖Tシャツみたいなのを一枚着て眠っていますが、ノーブラなので起き上がって洗面台の鏡の前で指の包帯をとりかえるときなど、オルガ・キュリレンコの巨乳の乳首や乳輪が透けて見えています。

ある日、マルク・バルベの標本室の館で、話があるから来てくれとオルガ・キュリレンコは階下のタイル貼りの大浴室のような部屋に案内されます。そこでマルク・バルベに軽くキスされ茶色の革靴をプレゼントされます。

靴を履いて帰宅したオルガ・キュリレンコはある雨の日、ずぶぬれとなって標本室の館へ出勤します。怪しげな雰囲気のマルク・バルベは大切そうに雨に濡れたオルガ・キュリレンコの身体をタオルで拭いてあげます。

パステルイエローの薄地のロングワンピースの上に茶色いセータのようなものを羽織ったオルガ・キュリレンコは階下の大浴室のような部屋につれてこられ、マルク・バルベの前で服を脱いでいきます。ロングワンピースを肩の上から脱ぎ去ったとき、白いブラとスキャンティのオルガ・キュリレンコのセミヌードが映し出されます。
このとき、白いブラも雨に濡れたせいか、オルガ・キュリレンコの乳首が透けて見えています。

物語の後半を超えたあたりで、港の見える窓のお部屋のベッドでオルガ・キュリレンコが薄地のパステルバイオレットの長袖Tシャツみたいなのを一枚着て眠っているシーンが再度映し出されますが、寝汗で胸のあたりが少し濡れた感じで、窓を背にして横を向いて横になってるとき、パステルバイオレットの薄地の中からオルガ・キュリレンコの乳りんと乳首が透けて見えています。

その後のシーンで、階下の大浴室のような部屋につれてこられた花柄の薄地の上着や茶色のスカートのオルガ・キュリレンコはついにマルク・バルベに脱がされていきます。花柄の薄地の上着を脱ぎ捨てられるとキャミのような薄いトップをゆっくり脱がされ、オルガ・キュリレンコの両胸の乳りんが斜めのアングルでアップで映し出されます。

白いスキャンティもオルガ・キュリレンコの腰のあたりのアップでマルク・バルベにずりさげられていきます。オルガ・キュリレンコの腰のあたりを左横からアップで写し、マルク・バルベが立ち上がるのに応じて、オルガ・キュリレンコのボディを左横からアップで上にスパンしていきます。途中、オルガ・キュリレンコの左胸の巨乳の乳首がアップで映った後、ういういしい表情のオルガ・キュリレンコのお顔になります。

黒いヘアもあらわになって全裸となったオルガ・キュリレンコはロングの構図で、タイル貼りの広い浴槽の底にしゃがみこんで横たわります。広い浴槽に横たわったオルガ・キュリレンコの茶色の革靴をはいたままの長い脚のつけ根には黒いヘアが映っています。

マルク・バルベは白衣の前を広げてズボンから男性がでるようにして、オルガ・キュリレンコの茶色の革靴をはいてまっすぐのばした長い脚をVの字に広げてオルガ・キュリレンコに覆いかぶさっていきます。
このとき、アングル的にはオルガ・キュリレンコの内腿の付け根の股間の陰唇のあたりも映っていますが、ややロングのためオルガ・キュリレンコの股間のヘアの影になってしまってはっきりとはなにも視認できません。

それから港の見えるお部屋にもどってベランダからオルガ・キュリレンコが外を眺めている様子をアパートメントの外から写しているシーンなどはとてもビューティフル。

標本室の館の事務室の机の上でオルガ・キュリレンコがうたた寝をするシーンに移ります。オルガ・キュリレンコは夢の中で、階下の大浴室でほかの女のコたちといっしょに全裸でシャワーをあびています。エキストラの女のコらが4人ヌードでオルガ・キュリレンコを囲んでいます。

マルク・バルベが現れると女のコらは退散し、全裸のオルガ・キュリレンコだけがシャワーの湯気の中でひとりとなります。湯気で白っぽくなった空気の中で乳房の乳首をはだかにして股間の前だけ両手で隠すオルガ・キュリレンコのポーズがエロチックです。

この後、お部屋に戻ったオルガ・キュリレンコはお部屋のシャワーでヌードになります。石鹸でボディを洗っている様子を右の横からバスアップで映し出しますので、オルガ・キュリレンコの右の乳房の乳首が映ります。


物語の終盤、タイル貼りの広い浴槽の底でオルガ・キュリレンコとマルク・バルベは全裸で激しくセックスします。このシーケンスはかなりアップが使われ、オルガ・キュリレンコのお尻の脚の付け根がアップになってり、乳首がアップになったりします。

ことが終わった後、オルガ・キュリレンコは仰向けになって同じく仰向けのマルク・バルベの上に横たわっている様子が天井からのアングルで映し出されます。Vの字に長く脚を伸ばしたオルガ・キュリレンコの股間の付け根のへアはマルク・バルベの右手で覆い隠されています。

Olga Kurylenko オルガ・キュリレンコ ウクライナ国旗 ウクライナ



Filmography [PR] Amazon.co.jp
関連記事
CinemaNudeScene
Posted byCinemaNudeScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply