FC2ブログ


30年代パリのクラブみたいな酒場でだんなのリチャード・E・グラントがのんきに太鼓を手でたたいているステージの裏でマリア・デ・メデイロスはフレッド・ウォードに半分レイプされますが、後半からは合意のセックスとなっていきます。このシーンでマリア・デ・メデイロスの小ぶりでビューティフルな乳房と乳首が写り始めます。

Maria de Medeiros マリア・デ・メデイロス ポルトガル国旗 ポルトガル
   


entry_linec

[ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女] Henry & June (1990) アメリカ国旗 アメリカ

アメリカ人著名作家ヘンリー・ミラーの愛人であることが日記出版で明らかとなったフランスの著名女性作家アナイス・ニンのその日記の1931年から32年の間を基にした「北回帰線」出版前のヘンリー・ミラーと妻ジューン(Uma Thurman ユマ・サーマン アメリカ国旗 アメリカ)へのアナイス・ニン(Maria de Medeiros マリア・デ・メデイロス)の愛を描いた作品。


1931年のパリに引っ越したマリア・デ・メデイロスは夫で銀行員のリチャード・E・グラントと少し気まずい感じ。仕事に頭がいっぱいのリチャード・E・グラントと内面感情重視のマリア・デ・メデイロスとは感情のずれがあるご様子。

いきなり最後のお話にふれてしまいますが、こんなに奔放に女性の性が覚醒してしまいほかの男のところへいってしまったマリア・デ・メデイロスを、最後はいつもとかわらず迎えにくるリチャード・E・グラントのだんな役の人物はなかなかふとっぱらと思います。

現実のセックスに身体がめざめていくにつれてマリア・デ・メデイロスのヌードの露出度も大きくなっていくお話です。最初はかなり清楚なイメージです。

パリに住んでいるアメリカ人作家のフレッド・ウォードと奥さんのユマ・サーマンがちちくりあっている様子をマリア・デ・メデイロスはドアの影からのぞきみしています。だんなのリチャード・E・グラントはあけっぴろげで、二人の様子を意に介せず明るく声をかけたりします。

30年代パリのクラブみたいな酒場でだんなのリチャード・E・グラントがのんきに太鼓を手でたたいているステージの裏でマリア・デ・メデイロスはフレッド・ウォードに半分レイプされますが、後半からは合意のセックスとなっていきます。このシーンでマリア・デ・メデイロスの小ぶりでビューティフルな乳房と乳首が写り始めます。

物語の半ばで、ベッドの上でフレッド・ウォードに抱かれるシーンでは、マリア・デ・メデイロスがフレッド・ウォードの下で乳房や乳首を露出しながらセックスしようとしますが、フレッド・ウォードが役にたたずに終わります。

気分が高揚したままおさまらないマリア・デ・メデイロスは美大生や芸術家たちのお祭り騒ぎで喧騒とした深夜の街をはいかいしますが、そこでブロンズ像のコスプレをした若い男にレイプされますが、実はだんなのリチャード・E・グラントだったみたいなお話。

マリア・デ・メデイロスはだんなのリチャード・E・グラントといっしょにフレッド・ウォードが通っているような娼館に入り、ユマ・サーマン似の金髪女性と黒髪女性を指名してセックスを演じる様子を探求します。

夢の中でマリア・デ・メデイロスはユマ・サーマンと抱き合います。このシーンでもどちらかというとマリア・デ・メデイロスの乳房や乳首が強調されますが、上になったユマ・サーマンの巨乳と乳首も少し写ります。
このシーンはあくまで夢ということでマリア・デ・メデイロスが男に告白している状況なので、だんなといっしょに入った娼館のユマ・サーマン似の金髪女性とユマ・サーマンが入れ替わったりします。
ユマ・サーマン似の金髪女性を買ったのはほんとうなのかもしれません。

「北回帰線」を出版することとなり、フレッド・ウォードの奥さんユマ・サーマンもパリに戻ってきます。だんなのフレッド・ウォードと感情的に対立して泣き崩れるユマ・サーマンとマリア・デ・メデイロスはベッドの上で抱き合いそうになりますが、いっしょに寝た女でしか知りえないフレッド・ウォードの寝癖をマリア・デ・メデイロスはユマ・サーマンの前で発言してしまい、二人の関係をユマ・サーマンに知られてしまいます。

このベッドシーンではマリア・デ・メデイロスがユマ・サーマンの上になったとき、マリア・デ・メデイロスはきていた黒いキュミソールのようなワンピを脱ぎ捨て乳房を裸にしますが、ユマ・サーマンは肌色っぽいシュミーズを着たままで巨乳は裸になりません。



Maria de Medeiros マリア・デ・メデイロス ポルトガル国旗 ポルトガル

本作では
Uma Thurman ユマ・サーマン アメリカ国旗 アメリカ もヌードで出演します。





Filmography [PR] Amazon.co.jp
関連記事
CinemaNudeScene
Posted byCinemaNudeScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply