FC2ブログ


先生との話合いではらちがあかないことから意を決したエリザ・ドゥシュクは腕に注射されていた点滴針を払いのけ、先生を押し切って病室のドアの脇のロッカーから自分の衣類を取り出し、お着替えして病院を抜け出そうとします。検査衣の下はノーブラだったために、検査衣を脱ぐとすぐにエリザ・ドゥシュクの巨乳が裸になります。パステルピンクの乳首も検査衣を脱ぎ捨てる動作の腕の間から見え隠れします。


Eliza Dushku エリザ・ドゥシュク アメリカ国旗 アメリカ
   


entry_linec

[アルファベット・キラー] The Alphabet Killer (2008) アメリカ国旗 アメリカ

霊感があることから死者の霊が見えてしまう女性刑事がEliza Dushku エリザ・ドゥシュク。
地元の少女誘拐殺人事件を追っていたエリザ・ドゥシュクは、犯人逮捕の有力な手がかりが得られず、自宅にも現れる被害者の少女の霊への自責の念から自殺を図ってしまいます。

統合失調症候群と診断されて2年間の入院を余儀なくされ退院。刑事職は解任されて事務方の仕事で警察に復職します。そこで再び少女誘拐殺人事件が発生します。
名と姓が同じイニシャルからなる少女が同じイニシャルの地域名の土地に遺棄される計画的犯罪というエリザ・ドゥシュクの当時の主張が認められ、エリザ・ドゥシュクもアドバイザー的立場で捜査に参加します。

しかし、再び犠牲者の少女の霊の姿に苛まれるようになり、地元の教会で重要な手がかりを得られそうなときに教会で増幅された霊的なセンスが過剰反応してエリザ・ドゥシュクは精神錯乱状態に陥ります。

教会で気絶したところをエリザ・ドゥシュクは警官に身柄を確保され、2年間入院した病院に入院させられます。
エリザ・ドゥシュクがベッドで意識を取り戻したとき、犯人逮捕まであと一息であることを担当の先生に主張しますが、統合失調症の幻覚が起きているといってとりあってもらえません。

このときパステルブルーの検査衣姿のエリザ・ドゥシュクがベッドから起き上がり、両脚をベッドの脇へおろして先生とお話しますが、この様子がかなりセクシーです。先生はもしかしてエリザ・ドゥシュクのパンティが見えているかも?

先生との話合いではらちがあかないことから意を決したエリザ・ドゥシュクは腕に注射されていた点滴針を払いのけ、先生を押し切って病室のドアの脇のロッカーから自分の衣類を取り出し、お着替えして病院を抜け出そうとします。

このときのお着替えシーンでは、検査衣の下はノーブラだったために、検査衣を脱ぐとすぐにエリザ・ドゥシュクの巨乳が裸になります。パステルピンクの乳首も検査衣を脱ぎ捨てる動作の腕の間から見え隠れします。


自ら制作主演を努めた[ドールハウス] (2009-2010)では、本来セクシーな目的のための人格をインストールして仕事をしているというヒロインなのですがあまりその辺では直接的な表現がなかったので、エリザ・ドゥシュクのヌードは新鮮です。

(この作品はレンタル専用のためパッケージ写真がAmazonでありませんでしたので、冒頭の写真はエリザ・ドゥシュク主演[TRU CALLING トゥルー・コーリング] (2003~2005)のブロマイド写真です。)

Eliza Dushku エリザ・ドゥシュク アメリカ国旗 アメリカ

エリザ・ドゥシュクが出演している作品のDVD・Blu-Ray情報




AmazonLogo Filmography [PR] Amazon.co.jp


関連記事
CinemaNudeScene
Posted byCinemaNudeScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply