FC2ブログ


本作でのクセニア・ラパポルトは入浴シーンが2度ほどありますが、そこではセミヌードにとどまりました。残念です。クセニア・ラパポルトが自宅でぼんやりと入浴しているときに、携帯電話に電話がかかってきます。電話ととろうとするクセニア・ラパポルトの背中を少しロングのショットでカメラは映し出しますが、残念ながらクセニア・ラパポルトの乳房や乳首は映し出されません。

Kseniya Rappoport クセニア・ラパポルト ロシア国旗 ロシア
   

entry_linec

[時の重なる女] La doppia ora (2009) イタリア国旗 イタリア

豪邸の警備の仕事をしているフィリッポ・ティーミは、社交クラブのようなところで女性と知り合っては関係しているクラブの常連客。

そこにホテルの客室のルームキーパーの仕事をしているクセニア・ラパポルトと知り合います。


   本作でセミヌードになるクセニア・ラパポルトですが、[ダブルボディ 愛と官能のルール] (2008)というイタリア作品で、モニカ・ベルッチに勝るとも劣らないとてもクラシーバヤなヌードを披露しています。

クセニア・ラパポルトのヌードという点では本作より[ダブルボディ 愛と官能のルール] ですが、クセニア・ラパポルトがとても美しいロシア女優なので、本作もつい見てしまいました。


物語の冒頭、フィリッポ・ティーミは常連客の社交クラブのようなところで知り合った女性と自分のお部屋のベッドでセックスしています。
女性はブラをしたままフィリッポ・ティーミの激しい突きを正常位で受け入れていますが、事が終わった後でフィリッポ・ティーミがベッドを離れると、片脚を広げて体の向きを変えたときにヘアが映し出されます。このシーンから本編の官能性を予感させますが、残念ながらクセニア・ラパポルトはセミヌード出演でした。

フィリッポ・ティーミと仕事場の豪邸に誘われたクセニア・ラパポルトは強盗に襲われます。

病院で気がついたクセニア・ラパポルトはそこでフィリッポ・ティーミが死んだことをつげられます。退院したクセニア・ラパポルトは、職場のホテルや自宅でフィリッポ・ティーミの幻覚に苛まれていきます。

クセニア・ラパポルトが自宅でぼんやりと入浴しているときに、携帯電話に電話がかかってきます。電話ととろうとするクセニア・ラパポルトの背中を少しロングのショットでカメラは映し出しますが、残念ながらクセニア・ラパポルトの乳房や乳首は映し出されません。

クセニア・ラパポルトの入浴シーンは2度ほどありますが、いずれもセミヌードです。


Kseniya Rappoport クセニア・ラパポルト ロシア国旗 ロシア ★★★★★★★★☆☆

entry_linec

クセニア・ラパポルトが出演している作品のDVD・Blu-Ray情報



AmazonLogo Filmography [PR] Amazon.co.jp


関連記事
CinemaNudeScene
Posted byCinemaNudeScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply