FC2ブログ


オリヴィア・ウィリアムズはケビン・コスナーにキスされ抱かれ始めますが、このベッドシーンは少し長めでオリヴィア・ウィリアムズは正常位になったり騎乗位になったりして体位を変えますので、オリヴィア・ウィリアムズの美しい乳房や乳首がオリヴィア・ウィリアムズの腕の間から零れ落ちます。

Olivia Williams オリヴィア・ウィリアムズ イギリス国旗 イギリス
   

entry_linec

[ポストマン]The Postman (1997) アメリカ国旗 アメリカ

核戦争と思われる世界大戦後の2013年、自然は荒ぶれ海も汚染されているという荒廃した世界で米国は国家機能を消失し、生き残った人々は大陸各地で孤立した集落を形成して暮らしていて、重火器を独占した盗賊集団が馬に乗って集落を巡回し収奪と搾取を繰り返しているというSFっぽい設定のお話ですが、VFXはほとんどなく、馬に乗って移動するシーンが多く西部劇っぽい感じです。

非情な将軍ウィル・パットンをリーダーとする盗賊集団に奴隷としてつかまったケビン・コスナーが集団を脱走し、郵便配達人となってある集落を訪れます。

ケビン・コスナーが訪れた集落の女性オリヴィア・ウィリアムズは無精子症の婚約者のいる身でしたが、子供を授かりたいためにケビン・コスナーに代理の父(精子提供者)となってくれないかと話を持ちかけます。


   本作でヌードになるオリヴィア・ウィリアムズですが、とてもクールで端正なお顔立ちの中で目じりがちょっと下がっているので笑うととてもやさしそうな表情となる美しい女優さんです。
バストの大きさは普通の感じですが、乳首の色がとてもビューティフルです。

SFドラマの[ドールハウス](2009~2010]ではエリザ・ドゥシュクを管理する冷酷な支部責任者を演じていました。


訪れた集落でケビン・コスナーが旅の疲れを癒すためにくつろぐお部屋を与えられますが、そこにオリヴィア・ウィリアムズが入ってきて、代理父のこと考えてくれた?とお話しはじめます。

ケビン・コスナーがベッドに横たわって答えに迷っていると、オリヴィア・ウィリアムズはよれよれですがキュートなワンピースを脱ぎ始め、全裸になってしまいます。このシーケンスでは主に背中から写していますので、オリヴィア・ウィリアムズの乳房はまだ写らないのですが、きれいなオリヴィア・ウィリアムズのおしりや腰のあたりが美しく写っています。

ベッドの前で立ったまま全裸となったオリヴィア・ウィリアムズの気迫に気おされ、ケビン・コスナーが代理父のことを承諾しますと、オリヴィア・ウィリアムズはベッドの中に入っていきます。
このとき、オリヴィア・ウィリアムズの乳房の先のパステルピンクの乳首が映ります。

それからオリヴィア・ウィリアムズはケビン・コスナーにキスされ抱かれ始めますが、このベッドシーンは少し長めでオリヴィア・ウィリアムズは正常位になったり騎乗位になったりして体位を変えますので、オリヴィア・ウィリアムズの美しい乳房や乳首がオリヴィア・ウィリアムズの腕の間から零れ落ちます。

オリヴィア・ウィリアムズが騎乗位になってケビン・コスナーにまたがっているときの様子を、カメラはダークブロンドの長い髪を振り下ろしたオリヴィア・ウィリアムズの美しい横顔をかなりアップで映し出します。

オリヴィア・ウィリアムズってなんてきれいなんだろーと思わせるシーンです。

事が終わってベッドの上でケビン・コスナーの横に寝そべったオリヴィア・ウィリアムズの上半身がシーツから出ていて、オリヴィア・ウィリアムズの両方のバストと乳首がきれいに映っています。


この後、ケビン・コスナーはオリヴィア・ウィリアムズのいる集落を後にしますが、ケビン・コスナーを一度隷属した盗賊集団がオリヴィア・ウィリアムズのいる集落を襲い、盗賊集団の非情な親玉ウィル・パットンの命令を拒否したオリヴィア・ウィリアムズの婚約者は殺害されてしまいます。

そこでオリヴィア・ウィリアムズはウィル・パットンの女として集落から拉致されてしまって...というところから、物語は急展開していきます。

ケビン・コスナーが滞在した別の集落をウィル・パットンの盗賊集団が襲ったとき、集落はほぼ壊滅させられますが、機転を利かせてウィル・パットンを射殺しようとしたオリヴィア・ウィリアムズをケビン・コスナーが助け出します。

隠れ家でいっしょに暮らすようになり、ケビン・コスナーの子の妊娠を打ち明けてもなかなか心を開かないオリヴィア・ウィリアムズがとてもいじらしいお話です。


Olivia Williams オリヴィア・ウィリアムズ イギリス国旗 イギリス ★★★★★★★★☆☆


entry_linec

オリヴィア・ウィリアムズが出演している作品のDVD・Blu-Ray情報




AmazonLogo Filmography [PR] Amazon.co.jp



関連記事
CinemaNudeScene
Posted byCinemaNudeScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply