FC2ブログ


映像が幻想的にマリー・ボスの着ている薄いパステルブルーのワンピースが切り裂かれてゆき、安全ベルトの下でマリー・ボスの左の乳房が裸にされた瞬間をバイク野郎のような運転手が後部座席を振り向ききつい目線で見ていたというところで、マリー・ボスははっと我に返ります。ここでマリー・ボスの左の乳房と乳首が裸で写るのは瞬間的です。

Marie Bos マリー・ボス ベルギー国旗 ベルギー
   


entry_linec

[煽情] Amer (2009) ベルギー国旗 ベルギー フランス国旗 フランス

Anaという女性の幼少女期、若く成長した娘期、成人した女性期をカサンドラ・フォレ、シャルロット・ウージェヌ=ギボー、マリー・ボスの3女優が演じてるホラーのようなサスペンスのような映像主体のお話(セリフがほとんどありません。)


   パッケージ写真のお顔の女性はシャルロット・ウージェヌ=ギボーで、その上のアップの唇がマリー・ボスです。

マリー・ボスのお写真商材がないので残念ながらその美貌をイメージでご紹介できませんが、マリー・ボスのイメージはTVドラマ[バトルスター・ギャラクティカ](004~2009)でナンバー6を演じたトリシア・ヘルファーという感じかな?

幼少女期のカサンドラ・フォレは非常に大きな邸宅に住んでいて、そこには祖父のミイラ化した死体が安置されているお部屋があったり、黒いレースをかぶった女性が闊歩する不思議でホラスティックな雰囲気の館です。

カサンドラ・フォレの幻想とも現実ともつかない映像が続きます。カサンドラ・フォレが鍵穴から黒いレースをかぶった女性のお部屋を覗いたり、その鍵穴からカサンドラ・フォレを見つめる貞子的な瞳が写っていたりとか。

祖父のミイラ化した死体からコンパクトミラーをいたずらで持ち出したカサンドラ・フォレの周辺にスーパーナチュラルな水漏れ現象が発生し、お部屋から脱出して母Bianca Maria D'Amatoのお部屋に逃げ込もうとしたところで、母のセックスの現場を目撃してカサンドラ・フォレはショックを受けます。

意識を失ったカサンドラ・フォレはゆがんだ映像の表現の中で裸体をもみしだかれ、カサンドラ・フォレのお顔が若く成長した娘期のシャルロット・ウージェヌ=ギボーのお顔に変容します。

このシーケンスの中でシャルロット・ウージェヌ=ギボーのものと思われる若い娘の乳房と乳首が一瞬映し出されます。

若い娘に成長したシャルロット・ウージェヌ=ギボーは母Bianca Maria D'Amatoに手をつながれて、母の美容院へいっしょに出かけます。もう手をつながれるほど幼くないのにという微妙な距離感で母と娘は手をつないだり離したりしながら、道路を歩いてゆきます。

道の脇に広がる海の景色がビューティフル。邸宅は海の近くの急な丘の上にあるようなロケーション。

母が美容の施術を受けている間、店の男の子と外で遊んでいるように言われますが、まだ子供でありながら色気づいている男の子と女性に成長しつつある娘期のシャルロット・ウージェヌ=ギボーとの間の微妙な緊張を斬新な映像で表現していきます。

サッカーボールを追って走り抜けた広場ではバイク野郎どもがたむろしていて、シャルロット・ウージェヌ=ギボーにやらしい視線を送ったり、お顔のひげやシャルロット・ウージェヌ=ギボーの着ている薄いパステルバイオレットのワンピースのスカートのすそが風でひらひら広がってちらりと見えるパンティの股間部分とシャルロット・ウージェヌ=ギボーの両腿をアップで写したりします。

広場に駆けつけた母にシャルロット・ウージェヌ=ギボーは頬にビンタされて連れ帰されます。

それからその日と同じような暑い日ざしの日、成人したマリー・ボスが赤いスーツケースを引っ張りながら村に戻ってきます。

シャルロット・ウージェヌ=ギボーのお肌のアップから混雑したバスに乗っているマリー・ボスのお肌のアップから、同乗している男性たちに密着されているマリー・ボスの様子へ、バスの天井からの視点でズームアウトします。

バスから降りたマリー・ボスはバイク野郎のようないでたちの運転手のタクシーに邸宅の住所を告げて、タクシーに乗り込みます。

暑いタクシーの中でマリー・ボスはけだるくなっていきます。座席の中にある小さな扇風機がマリー・ボスの薄いパステルブルーのワンピースのすそをはだけさせます。

映像が幻想的にマリー・ボスの着ている薄いパステルブルーのワンピースが切り裂かれてゆき、安全ベルトの下でマリー・ボスの左の乳房が裸にされた瞬間をバイク野郎のような運転手が後部座席を振り向ききつい目線で見ていたというところで、マリー・ボスははっと我に返ります。ここでマリー・ボスの左の乳房と乳首が裸で写るのは瞬間的です。

少女期まで暮らした邸宅は誰も人がすまなくなって荒れほうだいとなっています。広い庭には草木が生い茂り、邸宅の壁には蔦がはいまわり荒れ果てた様子の中をマリー・ボスは赤いスーツをひっぱりながら歩いてゆき、お部屋の中に入ります。

お湯が出ないバスタブの中で全裸となったマリー・ボスはうたた寝します。バスタブの中にはだんだんと水が流れてゆき、マリー・ボスがバスタブの中で伸ばした長い両脚の膝が水の中に沈んでゆきます。

マリー・ボスがバスタブの中でうたた寝している背後目線でなにものかが近づき、マリー・ボスの頭を押さえ込んで水の中で溺死させようとします。

別の夜、バイク野郎のような運転手が邸宅に侵入しますが、マリー・ボスはレザーナイフで彼を殺害してしまいます。バイク野郎のような運転手の死体の近くで座り込んだマリー・ボスは人の気配を感じます。

マリー・ボスは邸宅の外の海の近くの丘の端まで逃げ出しますが、おそらくここで殺害されるという感じ。明示的なそのシーンはありませんが、マリー・ボスのボディのアップのようなシーンから死体安置の棺おけのようなふたがあけられると全裸のマリー・ボスが目をつぶって横たわっていて、なにものかに体をなぜられまくります。

全裸のマリー・ボスの裸体が体位を変えられたとき、マリー・ボスの微乳の先のとがった乳首が左右いっしょに斜めからかなりのアップで映し出されます。



Marie Bos マリー・ボス ベルギー国旗 ベルギー ★★★★★★☆☆☆☆

本作では
シャルロット・ウージェヌ=ギボー フランス国旗 フランス もヌードで出演します。


entry_linec

マリー・ボスが出演している作品のDVD・Blu-Ray情報

AmazonLogo Filmography [PR] Amazon.co.jp








entry_linec
関連記事
CinemaNudeScene
Posted byCinemaNudeScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply