FC2ブログ


母バーバラ・サラフィアンと母子家庭で二人ぐらしのハンダ・コージャは二十歳。12年前に父がどこかへ去ったと母に教えられて育ちましたが、母バーバラ・サラフィアンは父のことはあまり口にせず、言い寄っていると思われるヤン・デクレールの誘いも断っている様子。そんな家庭の影響か、ハンダ・コージャはかなり高齢の男性とつきあい、年老いた男の肉体の一部を写真に収めるという感性の持ち主になっていたというお話。 

Hande Kodja ハンダ・コージャ ベルギー国旗 ベルギー
   


entry_linec

[Unbalance -アンバランス-] Marieke, Marieke (2010)  ドイツ国旗 ドイツ ベルギー国旗 ベルギー

ある日、ハンダ・コージャが働くチョコレート菓子のお店へ母バーバラ・サラフィアンの友人ヤン・デクレールが訪れ、普段は製造担当のハンダ・コージャがお店で他の女性と接客しているところで知り合います。

ヤン・デクレールは幼いころのハンダ・コージャを知っていて、母バーバラ・サラフィアンとハンダ・コージャの父の友人であることを告げます。そして、ハンダ・コージャを12年前に暮らした生家のアパートへ誘います。

母バーバラ・サラフィアンからは既に取り壊されていると聞かされていたハンダ・コージャは驚きますが、生家だったアパートのお部屋の中に入り、見覚えのある扉を開いているうちに、父の記憶がよみがえっていきます。

父の問題の真相を思い出したハンダ・コージャは、母バーバラ・サラフィアンともぶつかっていきますが、煮え切らない母の態度や恋人の老人の死に直面して、ハンダ・コージャは心の余裕を失っていくというお話で、物語の最後では母バーバラ・サラフィアンの仕事場で、スイミング療養のような施設のプールの中で、ハンダ・コージャと母バーバラ・サラフィアンが和解していく様子が救われるようなお話でした。


ハンダ・コージャはお話の中で、かなり脱いでいます。高齢の男性とのベッドシーンでも少し美乳系の乳房と乳首をアップで写しています。男性がホテルのお部屋から立ち去るのを眠ったふりをしてベッドにハンダ・コージャが横たわっている様子をカメラはハンダ・コージャのお顔の方から胸から脚にかけて写します。(このときは腰から下にはグレーのシーツがかかっていますが乳房は両方映っています。)

別の男性とハンダ・コージャがベッドの上で横たわっているシーンをベッドの上からの構図で撮ったシーンでは、ハンダ・コージャのヘアも少し写っています。

生家のお部屋で父の真相を思い出すシーンでは、お風呂の水の中にハンダ・コージャが全裸で沈んだ様子が映し出されます。トレーラではハンダ・コージャの乳首は構図外にカットされていますが、本編ではハンダ・コージャの淡いピンク色の乳りんと乳首がきれいに映っています。


Hande Kodja ハンダ・コージャ ベルギー国旗 ベルギー

entry_linec

ハンダ・コージャが出演している作品のDVD・Blu-Ray情報

AmazonLogo Filmography [PR] Amazon.co.jp


Marieke und die Männer | Deutscher Trailer HD - YouTube


関連記事
CinemaNudeScene
Posted byCinemaNudeScene