FC2ブログ


クリスティーナ・リッチは19世紀末のパリ社交界きっての美女人妻。お友達のユマ・サーマンのご紹介で美青年ロバート・パティンソンに一目惚れし、深い関係になっていきますが、クールなロバート・パティンソンは自分のほか、ユマ・サーマンとも結婚してしまい、ユマ・サーマンの新聞社の社長夫人クリスティン・スコット・トーマスにも手を出していることに気づいていくというお話。

★★★☆☆


   
Christina Ricci クリスティーナ・リッチ アメリカ国旗 アメリカ


entry_linec

[ベラミ 愛を弄ぶ男] Bel Ami (2012) イギリス国旗 イギリス


クリスティーナ・リッチは本作では19世紀末のパリ社交界の華として、セレブで優雅な感じの美女を演じます。とてもおとなっぽくてビューティフルな感じ。恋する女性のやさしそうな表情もかわいく映っています。

そして、ロバート・パティンソンの前では、最初は夫にばれて離婚されて娘を失いたくないと抵抗を示しますが、すぐに脱がされて関係してしまいます。

ベッドの上の白いシーツの中で半裸で眠るクリスティーナ・リッチはとてもビューティフルです。このシーケンスは少し長めの尺で、クリスティーナ・リッチの白く長い脚を白いシーツからはみ出しながら、うっすらと目覚めるまでの間続きます。

ロバート・パティンソンとの濡れ場は数回あって、正常位で受け入れる際に、クリスティーナ・リッチに覆いかぶさったロバート・パティンソンの胸の下で喘ぐクリスティーナ・リッチの両胸が大きく映し出されます。

お部屋に入ってきたロバート・パティンソンの目の前で、ベッドの上で腰だけ白いシーツを覆って肩肘をついたクリスティーナ・リッチの左右の乳房と乳首が映ったシーンもとてもビューティフルです。

一時期、ロバート・パティンソンの妻となったユマ・サーマンは、腰を締め付け胸をせりあげる白いドレス姿で、大きな胸を露出しますが、乳首は見えそうで見えない感じとなります。ユマ・サーマンには、ロバート・パティンソンと二人きりのお部屋のシーンが2回あって、2回目は強引にロバート・パティンソンにまたがりドレスを着たまま騎上位で受け入れますが、その前後のシーンがとてもセクシーです。


Christina Ricci クリスティーナ・リッチ アメリカ国旗 アメリカ ★★★★★★★☆☆☆

本作では
Uma Thurman ユマ・サーマン アメリカ国旗 アメリカ もヌードにならず共演します。

entry_linec

クリスティーナ・リッチが出演している作品のDVD・Blu-Ray情報








AmazonLogo Filmography [PR] Amazon.co.jp


映画『ベラミ 愛を弄ぶ男』予告編 - YouTube


関連記事
CinemaNudeScene
Posted byCinemaNudeScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply