FC2ブログ


イヴォンヌ・ストラホフスキーは最近だんなの映画監督を事件で亡くした若い未亡人。新聞社のオーナー老人スティーヴン・バーコフのパーティに現れた有名新聞記者エイドリアン・ブロディに近づき、2回目の誘惑でイチコロにしてスティーヴン・バーコフと自身の密会現場の撮影動画のメディアの捜索を遠まわしに仕向けていくというお話。エイドリアン・ブロディはスティーヴン・バーコフからも動画メディアの捜索を命令され、彼の手下に妻子を襲われ家庭崩壊寸前の窮地に陥ります。


管理人のざっくり作品評価 ★★★★


   
管理人主観のイヴォンヌ・ストラホフスキーの美しさ評価
Yvonne Strahovski イヴォンヌ・ストラホフスキー オーストラリア国旗 オーストラリア ★★★★★★★★☆☆

entry_linec

[白い闇の女] Manhattan Nocturne (2016) アメリカ国旗 アメリカ

原題は「Manhattan Nocturne」で「マンハッタン夜想曲」の意。

イヴォンヌ・ストラホフスキーが34才ごろの作品です。(製作年-出生年より推定)

新聞社のオーナー老人スティーヴン・バーコフのパーティにいやいや顔を出したエイドリアン・ブロディは、ぼんやり酒を飲みながら背中がほとんどヌードになっているドレスを着たやたら色気のある金髪の美女イヴォンヌ・ストラホフスキーに目を奪われます。


   こんな感じ

すると、イヴォンヌ・ストラホフスキーのほうから言い寄ってきて、話があるから私のアパートに来てと誘われます。

スティーヴン・バーコフに呼ばれて席を中座したエイドリアン・ブロディは、席に戻ると帰りがけとなっていたイヴォンヌ・ストラホフスキーの背中に眼を奪われ、やっぱりお話を聞いてみることにしてしました。

エイドリアン・ブロディは強い酒をイヴォンヌ・ストラホフスキーのお部屋でいただき、だんなの映画監督が亡くなった状況の説明を聞きます。この最初の誘惑では妻子持ちの理性が打ち勝ち、とりあえずなにごともなく無事にご帰宅。女医の奥さんジェニファー・ビールスと幸せな家庭があることが説明されます。

帰り際にもらってしまったイヴォンヌ・ストラホフスキーの電話番号。つい誘惑にかられて電話してしまうエイドリアン・ブロディ。イヴォンヌ・ストラホフスキーのお部屋に誘われて、またまただんなのお話を聞かされます。

非常に接近した距離でお互いのお顔を触れあいそうにしながら話をするイヴォンヌ・ストラホフスキーの誘惑に打ち勝ち、エイドリアン・ブロディはコートを着てお部屋の外へ出ますが、携帯電話がコードから出されていることに気づきます。

どうしてイヴォンヌ・ストラホフスキーのお部屋の電子錠のキーコードを覚えていたのかは不明ですが(1回目2回目訪問時も電子錠は描かれていない。)なぜか覚えていたエイドリアン・ブロディはイヴォンヌ・ストラホフスキーのお返事がない事を他所に、勝手にお部屋に入ってテーブルの上にあった携帯電話を確保します。

人の気配のないお部屋で、エイドリアン・ブロディは奥の方へと足を踏み入れてしまいます。そしてバスルームの中では、半透明のガラス越しに自慰行為にふけるイヴォンヌ・ストラホフスキーのヌードに見入ってしまいます。

エイドリアン・ブロディの視線に気づいたイヴォンヌ・ストラホフスキーははっと驚きの声をあげ、エイドリアン・ブロディはすまないとかいってバスルームの入り口から立ち去りますが、白いバスタオルを羽織って上気したイヴォンヌ・ストラホフスキーが、見ていたのね、楽しんだ?とかくだけたことを言って近寄ってきます。

エイドリアン・ブロディはここでもなんとか理性を振り絞って帰ろうと試みますが、「チャンスは一度しかない」というエイドリアン・ブロディの言葉を繰り返して後ろを振り向いたイヴォンヌ・ストラホフスキーは白いタオルをはだけて、美しい背中からお尻のヌードをエイドリアン・ブロディに見せ付けます。

ここで理性がぷつりと途切れたエイドリアン・ブロディはあえなく陥落。

壁越しの抱き合うシーンではイヴォンヌ・ストラホフスキーが全裸となりますが、当初両胸をエイドリアン・ブロディに揉みしだかれてイヴォンヌ・ストラホフスキーの乳首はほとんど見えない状態だったのですが、その金髪で長身のイヴォンヌ・ストラホフスキーの白い全裸ヌードはそれだけで見ごたえがあります。

背中を向けられたイヴォンヌ・ストラホフスキーは壁に押し付けられた右の胸の白っぽいきれいな乳りんと乳首が写ります。立ちながら腰を動かして妖艶な動きをするイヴォンヌ・ストラホフスキーをカメラは少し遠めの構図で映し出します。

これ以降は基本的にイヴォンヌ・ストラホフスキーはセミヌードです。2回目の逢瀬のベッドシーンではエイドリアン・ブロディの背中に覆いかぶさったイヴォンヌ・ストラホフスキーの全裸の背中やお尻を映し出します。

スティーヴン・バーコフとの濡れ場では基本的にイヴォンヌ・ストラホフスキーは肌色の下着姿です。


冒頭のエイドリアン・ブロディの陥落シーン以外ではイヴォンヌ・ストラホフスキーの乳房は見えないのですが、物語全編を通じて、イヴォンヌ・ストラホフスキーのドレス姿、下着姿、背中とお尻のヌードで美しさが際立っている映画です。イヴォンヌ・ストラホフスキーとてもきれい。


以上、イヴォンヌ・ストラホフスキーの[白い闇の女] (2016)でのヌード・シーンでした。


イヴォンヌ・ストラホフスキーのプロフィール/管理人印象/他のヌード作品情報はこちらへYvonne Strahovski イヴォンヌ・ストラホフスキー オーストラリア国旗 オーストラリア ★★★★★★★★☆☆

entry_linec

ランキングサイト参加情報です。
記事が気に入りましたらバナーの応援クリックお願いします。

にほんブログ村の映画ブログ 映画評論・レビューに参加しております。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキングの映画ブログ 映画評論・レビューに参加しております。

映画レビューランキング

FC2ブログランキングの映画ブログ 洋画に参加しております。


entry_linec

イヴォンヌ・ストラホフスキーが出演している作品のDVD・Blu-Ray情報




AmazonLogo Filmography [PR] Amazon.co.jp

関連記事
CinemaNudeScene
Posted byCinemaNudeScene